ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品とは

「新薬」(先発医薬品)として最初に販売されたお薬の特許がきれた後に販売されるお薬(後発医薬品)です。
厚生労働省より、新薬と有効成分、効能・効果が同じと認められており、開発コストが安く抑えられるため、比較的安価です。

新薬との違い

新薬の開発には、十数年の歳月と数百億の投資が必要といわれていますが、ジェネリック医薬品は、承認までの手続きが少なく、開発にかかる時間も費用も少ないので、新薬より安い価格に抑えることが可能となっています。
実際の価格は様々ですが、平均すると新薬の約半額となりますので、患者様の負担が減り、さらには、国の医療財源の改善につながります。

※お薬の価格そのものが下がったとしても、患者様のご負担は新薬のときと変わらないか、上がることもあります。薬剤師にご相談ください。

安全性について

ジェネリック医薬品は、新薬と同等であるかどうか確認する試験(生物学的同等性試験)を行って、厚生労働省に認められてから発売されます。
また、その新薬は、長年、多くの患者様にお使いいただき効能・効果、安全性が確かめられたものとなりますので、品質は問題ないものと考えられます。

ご注意事項

  • 新薬に効能・効果が追加された場合、特許の関係から用法・用量、効能・効果が一時的に異なることがあります。
  • お薬の価格そのものが下がったとしても、患者様のご負担は新薬のときと変わらないか、上がることもあります。
  • メーカーからの供給の関係でお薬の用意に時間がかかってしまうときがあります。
  • 有効成分以外の添加物が違うことが多く、大きさ、味、においが異なることがあります。
  • 新薬からの変更を希望しても、対応するジェネリック医薬品がないものもあります。

トップに戻る